事業内容Service

Service事業内容

訪問看護リハビリステーション
共同生活援助グループホーム
児童発達支援・放課後等デイサービス
どんな時も安心して自分らしく暮らし続けられるよう全力でサポート致します。

訪問看護リハビリステーション happiness

訪問看護リハビリステーション happiness
訪問看護サービスとは

訪問看護とは、一般の方へ(在宅生活に不安やお困り事がある方へ)『病気や障害を持った方が、ご自宅で安心した療養生活を送るために、看護師やリハビリスタッフがご自宅に訪問し、支援サポートする』サービスです。訪問看護のサービスは、健康状態の観察や療養上のお世話、療養環境の調整や医療処置など多岐に渡ります。また訪問看護リハビリでは、看護師とリハビリが連携し、利用者様の状況に応じてリハビリテーションを提供致します。
このように在宅生活を送る上での不安や負担の軽減に努め、寄り添ったケアを提供して参ります。


訪問看護で受けることができるサービス

療養上のお世話
健康状態の観察
服薬管理
リハビリテーション
ご家族の支援
難病の看護
看取りケア・ご家族様などの支援
認知症、精神疾患の看護

訪問エリア 沖縄本島全域(架橋離島含む)※離島については応相談 24時間365日対応


訪問看護リハビリステーションhappinessの特長

スペシャリティ・ダイバーシティ
~スペシャリティ・ダイバーシティ~

弊社には基幹病院で看護師長として勤務していたスタッフや、災害医療チームとして震災後の支援を経験したスタッフの他に、長年リハビリに従事してきた理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在勤しております。各々の専門性を尊重し、それぞれの視点から意見交換を行い、利用者様や御家族にとってより良いサービスを追求して参ります。

ミュニケーション・チームワーク
~コミュニケーション・チームワーク~

弊社はICT(情報伝達技術)・IoT(モノとインターネット)を駆使して利用者様に携わる人々で知識・情報を共有し、且つ積極的にコミュニケーションを図ることで、迅速で的確な対応ができる体制を構築しております。(個人情報の管理には細心の注意を払っております)


看護師による訪問看護。国家資格をもつ、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
による訪問リハビリを行っております。

看護師

体調管理や日常生活の援助、心理的ケア、家族サポート等、適切な処置、管理で皆様の在宅生活を支援致します。

理学療法士

日頃行う動作である立つ、座るはもちろん、起き上がる、寝返りをうつなどの基本的動作リハビリテーションや、疼痛緩和を行なっています。

作業療法士

移動や入浴、食事などの日常生活に欠かせない作業や、家事、仕事、趣味といった作業の習得、精神的ケア等、生活をサポートします。

言語聴覚士

文字や絵からことばを引き出す練習や摂食嚥下、呼吸・発声、発音訓練を行い、コミュニケーションを引き出します。


訪問看護サービスを受けられる条件

介護保険医療保険でご利用できます。
介護保険や医療保険でご利用できます
介護保険の対象
  • 65歳以上で、要支援・要介護に認定されている方
  • 40~64歳の方で、要支援・要介護に認定され、16特定疾病に該当している方

医療保険の対象
  • 年齢にかかわらず、介護認定を受けていない方
    (65歳以上の方は介護保険が優先になります)
  • 介護認定を受けている方で、
    主治医より特別訪問看護指示が出された場合
  • 厚生労働大臣が定める疾病の方
訪問看護サービスを受けられる条件

医療従事者の方へ
医療従事者の方へ

訪問看護リハビリステーションhappinessは、2019年2月に開設した新しい訪問看護ステーションです。看護師や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門的な視野から、アドヒアランスとサスティナブルの視座を持って、利用者様のご自宅での療養生活をする上で大切なポイントを見極め、アドバイスや適切なサービスを他職種・多事業所としっかりと連携しながら、より良い在宅生活が送れるようサポートさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

営業時間
8:30~17:30 月曜~土曜日(休日:日・祝 ※緊急時は対応致します)

相談・体験無料
まずはお近くの事業所までお気軽にお問い合わせください。

那覇市
事業所

098-988-9740
FAX:098-988-9742

沖縄県那覇市首里末吉町3-65末吉マンション103

うるま市
事業所

098-989-3601
FAX:098-989-3602

沖縄県うるま市字江州135-5

名護
サテライト

080-4450-9748
FAX:098-989-3602

沖縄県名護市大南二丁目1-47-1 102号

ひとりひとりの個性を大切に、心地よい暮らしをお約束いたします!

共同生活援助グループホーム happiness

共同生活援助グループホーム happiness
グループホームとは

グループホームは、障がい者の皆様が地域と共に、仲間と共に日々の生活を安心して過ごせる様に、共同生活を営みながら必要に応じて、食事の世話、日常生活における相談、指導等の援助行うことにより、障がい者の自立生活を助長することを目的とする施設です。


対象となる方

対象の方 区分1~区分3

対象者は障がい者であって、日常生活上の援助を受けないで生活することが困難であるか、または適当でない方で、一定程度の自活能力があり、数人で共同の生活を送ることに支障がない方です。
また、日常生活を維持するに足りる収入があることが必要です。


個室設備

冷蔵庫、ベッド、衣類ケース、ハンガーラック、エアコン、カーテン

共有設備

全室Wi-Fi、クローゼット、バス・トイレ別、フローリング、角部屋、洗濯機、冷暖房、衣類乾燥機(室内)、固定電話、電子レンジ、ウォーターサーバー、55インチテレビ


共同生活援助 happiness 上江洲

住所:沖縄県うるま市字上江洲928-4

料金表
家賃
(2F)32,000円
(3F)40,000円

(非課税世帯の場合、市町村からの家賃補助有り)

飲食費
25,000円

(朝食300円・昼食400円・夕食500円)

水道光熱費
6,000円
日用品費
5,000円
家具・家電レンタル費
1,000円
毎月のお支払合計
(2F)69,000円~ (3F)77,000円~

定員4名


共同生活援助 happiness 安慶田

住所:沖縄県沖縄市安慶田1-4-9

料金表
家賃2LDK 男性棟
1F2・3F
個室133,000円33,000円
個室231,000円30,000円
家賃2LDK 女性棟
1F2・3F
個室336,000円35,000円
個室430,000円30,000円
個室538,000円38,000円
飲食費
25,000円

※3ヶ月毎に清算

水道光熱費
6,000円

※3ヶ月毎に清算

日用品費
5,000円
家具・家電レンタル費
1,000円

毎月のお支払合計

2LDK 男性棟
1F2・3F
個室174,000円~74,000円~
個室272,000円~71,000円~
2LDK 女性棟
1F2・3F
個室377,000円~76,000円~
個室471,000円~71,000円~
個室579,000円~79,000円~

(入居日によって家賃額が変動する事があります) (特定障害者給付費適応前の金額となっております)

定員16名


共同生活援助 happiness 西原

住所:沖縄県中頭郡西原町棚原270

料金表
家賃
30,000円
飲食費
25,000円

※3ヶ月毎に清算
朝食300円/30日
昼食400円/土日8日
夕食500円/30日

水道光熱費
6,000円

※3ヶ月毎に清算

日用品費
5,000円
家具・家電レンタル費
1,000円

※希望者のみ

毎月のお支払合計
67,000円~

※家賃補助適用前の金額

定員20名

子ども達の豊かな感性と創造力をより引き延ばし発達につなげる支援

児童発達支援・放課後等デイサービス

児童発達支援・放課後等デイサービス happiness
児童発達支援・放課後等デイサービスとは

知的障がい・発達障がい・身体障がい(吸引等の医療的ケアが必要なお子さま)を持つお子さまをお預かりし、個々の特性に応じた支援を行っていきます。 友達の関わり方や、日常の生活に役立つ力が身につくよう、それぞれのお子さまたちの特徴や性格に合わせた遊びを通じて、職員と一緒にレクリエーション活動や音楽・運動・勉強に取り組みます。また、季節の行事や創作活動などを通して、お子さまにとって分かりやすい1日のスケジュールや作業工程を示し、安心して過ごすことのできる環境を提供していきます。


提携病院にて医療面をサポート

日々の健康管理はもちろん、急な体調不良の際は、当事業所・提携病院の和花クリニックにて医療面をサポートいたします。

よりよいスキルアップ支援のために
よりよいスキルアップ支援のために

毎日全員ミーテイングでお子さんの言動· 動作など成長改善を細かく把握し支援内容をこまめに検討し共有しています。

お子さんを心身ともに支えていくために

理学療法士(PT) 作業療法士(OT)言語聴覚士(ST)が在籍しており直接指導後アセスメント、アドバイスなどを実施専門家によるセカンドオビニオンを活用しています。

ご利用の流れ

  • 1.ご相談

    相談支援事業所または、役所(障がい福祉課)に相談をします。

  • 2.利用申請

    役所(障がい福祉課)の窓口にサービス利用の申し込みをします。※役所から書類(サービス等利用計画案作成提出依頼書·サービス等利用計画案作成依頼届け)を受け取ります。

  • 3.サービスの利用・計画案の作成依頼

    ②の計画案作成依頼書等を持って「サービス等利用計画案」を作ってくれる相談支援事業所の相談支援専門員のもとへ行き、作成を依頼します。(お子さんの生活目標を伺いながら、その達成のためにどんなふうにサービスを利用していくか等を考えます)

  • 4.認定調査・判定

    認定調査員が、お子さんの心や身体の状況や日常生活に関する話しを伺います。その後、認定調査の結果をもとに判定が行われます。(お子さんのできることや苦手なこと、これからの目標などをお伺いします。)。

  • 5.サービス等利用計画案の作成・提出

    相談支援専門員が「サービス等利用計画案」を作成し、役所へ提出。

  • 6.受給者証の交付

    サービスの支給決定後、役所(障がい福祉課)から受給者証が交付されます。これでサービスを利用する事業所を選び契約することができます。


  • 七夕、ハローウィンパーティー、クリスマス会など季節ごとのイベント
  • にこにこキッズフェスタ(うるま市)など地域のイベント
  • 基地内の子供達との国際交流イベントなど

1日の流れ1日の流れ

7つのスキルアッププログラム
  • 就労
  • 創作
  • 社会進出スキル

・高校生を対象に行う手芸や工作など
・小/中学生でも好きなお子さんは参加可能

  • 感受性
  • カルチャースキル

・職員オリジナルの紙芝居やゲーム
・季節ごとのイベント

(プール、屋台ごっこ、チョコバナナづくり)など

  • 身辺自立
  • ライフスキル

・ひとりひとりの課題に個別に対応
・トイレ、身支度、食事、時間の概念など

  • 言語
  • 学習スキル
  • コミュニケーション

・絵カードによる理解
・コミュニケーションボードによる伝達
・SSTアプローチによる会話の練習など

  • 社会性
  • ソーシャルスキル

・遊びを通して他者との関わり方や自己表現ができる
・声のボリューム(声のものさし)
・BBC(良い行動のためのチャート)など

  • 遊び
  • 運動
  • 身体スキル

・公園遊び/集団遊び
・トランポリン、室内ゲームプール(夏期)

  • 役割
  • 生活スキル

・朝の会/帰りの会での司会
・お手伝い(テーブル拭き、玄関掃除など)
・ほめ言葉シャワーなど


対象年齢

児童発達支援:未就学児(0歳~幼稚園 就学前のお子さまが対象)
放課後等児童デイサービス:就学児(小1~18歳)


定員

児童発達支援:放課後等デイサービスを合わせて1日10名まで 放課後等児童デイサービス:児童発達支援を合わせて1日10名まで


サービス提供時間

9:30~17:00 月曜~金曜日(休日:土・日・祝)

ご利用料金
非課税(生活保護/低所得)世帯
0
世帯所得900万円まで
4,600
世帯所得900万円以上
37,200

その他…おやつ代1日100円/創作活動費など実費


◎学校・ご自宅までの送迎をいたします(要相談)

木のおうち地図

児童発達支援 放課後等デイサービス
happiness

木のおうち

098-965-7078

〒904-1102 沖縄県うるま市石川字東山1-8-3

Woody地図

児童発達支援 放課後等デイサービス
happiness

Woody

098-964-3387

〒904-1102 沖縄県うるま市石川字東山1-21-4

happiness地図

児童発達支援
放課後等デイサービス

happiness

098-989-0651

〒904-2244 沖縄県うるま市江洲135-5 2階

CONTACTお問い合わせ

ご質問、施設見学等随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ

098-914-1068

受付時間 8:30~17:30 / 定休日 土曜・日曜・祝日

お問い合わせフォーム 各事業所へはこちら